gialogで簡単に日記を作るやつをやった

経緯

昨日GitHubに日記を書く運用というやつを書いたんだけど、実際にやってみると色々と微妙に使い心地がよくなくてう〜〜〜んとなってしまった。

その旨をツイートしたところr7kamuraさんがGitHub issuesをエディタにしてブログを作れるクソ便利ツールを教えてくれた。

https://user-images.githubusercontent.com/1421093/170819012-f920b5be-ec7b-4cfd-8bb4-ef4730de3754.png

gialogを使った日記の作り方

r7kamura/gialogのリポジトリのREADME.mdに書かれているリンクをポチっとやって、自分用のリポジトリを適当に作成する。するとGitHub Actionsが起動し、gh-pagesへNext.js製のSGGのブログサイトがデプロイされる。これだけ。

あとはissuesを更新することでActionsがその更新を検知して変更を反映してくれるという仕組みっぽい。

サイト自体は普通のNext.js製なのでテーマの概念とかはないけども、その辺は勉強がてらコードを拡張していけばいいんじゃないですかね〜という感じ。

最近のぴよぴよフロントエンドピーポーにとってはNext.jsが一昔前のRailsだろうから大体弄れるだろうし、ちょっとした現代のWordPress感あってよいなとも思った。

tweet
tweet

おすすめ

  1. Web Development with Ruby on Railsと悲しい性
  2. 楽天モバイルからの移行先
  3. ソフトウェア開発におけるムダ